さんさんの家〜共働き夫婦の育児&資産運用ブログ〜

FP、母になる。長く大切に使える育児グッズ激選、理系夫の観察による育児ハック紹介、わが家の家計改革公開。そしてマルタへもう一度!

【苺物語1】この赤いアザ何?え?苺状血管腫?

f:id:malta0303:20190801002226j:image
こんにちは、さんさんです。

 

わが子には、苺状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)があります。

珍しいものではないようで、親戚や職場の先輩、道行く方などから、

「そのうち自然に消えるよ」

「消えなかった知り合いがいるよ」

などど、いろんな意見をいただきました。

 

命に別状はなくとも、消えるか、消えないかは大きな問題。

「どうしたもんか…」

といろいろと悩み、困ったものでした。

 

そこで、わが子の苺状血管腫の経過観察や、実際に経験した皮膚科でのレーザー治療のようすをお伝えしていきます。

同じように感じている親御さんなどのお役に立てば幸いです。

※実際の苺状血管腫の写真を使用していますので、ご覧頂く場合はご注意ください。

 

⚫ここの皮膚、なんで赤いの…!!

予定日超過したものの、自然分娩で産まれてきてくれたわが子。

はじめての育児をなんとか、本当に必死になって取り組んでいました。

 

そんな生後20日頃のこと。

まだまだ慣れない手つきで肌着を着替えさせていたとき、ふと左腕が気になりました。

ひじよりも指先に近い部分の腕の外側に、赤い斑点模様が!!

「えっ…何これ…」

驚いて写真に残したものがこちら。
f:id:malta0303:20190824232648j:image

血、みたいに赤い!

なのに、拭いても取れない!!

恐る恐る触ってみたところ、赤ちゃんに変わった様子はない。

乳児湿疹かな?と思うものは顔や首にあるけれど、赤い部分の皮膚は荒れた様子もない。

 

うーん…

いつからあったんだろう?

痛がったり、機嫌が悪かったりはしていないよね?

病院に行くべきか、悩みました。

でも

ひとまず、約10日後に予定していた1ヶ月健診で医師に聞いてみることにしました。

 

出産した産婦人科クリニックで受けた、1ヶ月健診。

「赤ちゃんの肌はいろいろできちゃったりするものだから、気にしなくていいよ!しばらく様子見でそのうち消えるよ〜」

そ、そういうものなのかしら!

 

その後、日に日に赤みが増して、大きくなっているような…。

生後2ヶ月を過ぎて予防接種の際に小児科でも聞いてみることに。

すると、「ああ、苺状血管腫だね。」

な、なんでしょうかそれは!!

「まあ、気にすることないですよ。

生後2,3ヶ月の頃にどんどん盛り上がってもピークになるもの。

でも、自然に薄くなっていくことが多いものだから心配ない。

もし跡が残ったりして気になるようだったら、整形外科に行ってレーザー治療で消せるよ。」

ふむ…そういうものなのか…!

ひとまず、深刻な何かじゃなくて、よかった!

心配だけど、気になるけど、様子見でいいってことなら、きっといいんだよね…!

ずっと気になっていたアザについて、診断をしてもらえてすこし安心。

 

この頃の様子がこちら。
f:id:malta0303:20190824232700j:image

比較として、ペットボトルのキャップを近くに置いてみました。

生後20日頃と比べると、ものすごく赤く、大きく、盛り上がってきています。

まるでイチゴジャムのような、少しブニブニするような感触なだけに心配になる日々。

 

このアザを初めて見る人からは、「血が出てるよ!」「転んだの?!」「怪我したの?!」とよく言われる始末…。

一方で、「うちの子にも昔あったわ〜」と教えてくれる方も4人ほど。

そして突如出血して慌てて小児科に駆け込んだことも。

「皮膚が弱くなってるから、服とかにこすれて出血しちゃうこともあるよ。」

とのことで、保湿剤としてワセリンを処方してもらい、朝一番とお風呂上がりに塗って保湿保湿。

本人が痛がったりかゆがったりしていないのでいいものの、親としては気になってしまう日々でした。

 

 

⚫レーザー治療、する!?

生後6ヶ月を過ぎた頃、育休中の職場の先輩と会う機会が。

そこでわが子の腕の苺状血管腫を見た先輩が一言。

「レーザー治療、しないの?」

小児科で、様子を見てからでいいって聞いたので…

「そう?私は早く始めた方がいいって聞いたから、うちの子は2ヶ月の頃から始めて、5ヶ月の今はほとんどないよ」

 

なんと!!!

 

ちらりと見せてもらったところ、確かにほとんど消えかけていました。

しかも話によると、レーザー治療は数年前に保険適用となったので自己負担はゼロ。

「それなら将来の本人のコンプレックスにならないように、やってあげた方がいいんじゃ…!しかも家計の負担にもならないなら!」

心が揺さぶられました。

 

大きくなったら、自然に消えるかもしれない。

でも、消えないかもしれない…。

そんな不安を日々抱えていたので、試しに行ってみよう!と思い立ちました。

 

次回、いざレーザー治療へ!

 

みなさんの育児が幸せなものでありますように。