さんさんの家〜共働き夫婦の育児&資産運用ブログ〜

FP、母になる。長く大切に使える育児グッズ激選、理系夫の観察による育児ハック紹介、わが家の家計改革公開。そしてマルタへもう一度!

アカチャンホンポのハーフバースデー会に参加!内容&お土産を公開!


f:id:malta0303:20190531013742j:image
こんにちは、さんさんです。


アカチャンホンポの【ハーフバースデー会】に参加してきました!
 
「こんなことやったよ!」
「こんな雰囲気だったよ!」
といったことを赤裸々にレポートします。
 

⚫会場のようす

今回アカチャンホンポの店舗を訪れたところ、開催場所がわからず迷いました。
「あれ?今日じゃなかったかな…?」
困ったものの、その店舗の一角に通常時からマットを敷いて囲んであるエリアがあるのを知っていたので、「そこかな?」と見当をつけて行ってみました。
そこにいたスタッフさんに声をかけたところ、その場所で正解でした。

特にイベントの案内や看板は出ていないので、場所は迷いやすいかもしれません。

 

受付は子どもの名前を確認するだけなので、すぐに済みます。

スタッフさんから子どもの名前が書かれた紙が渡され、「両面テープが貼ってあるので体のどこかに貼ってあげてください」と言われました。
しかし、赤ちゃんが見つけてはがしたりなめたりして付けることができず、全員付けていませんでした(笑)。
会場はやわらかいマットのうえにじかに座るスタイルで、靴を脱いであがるエリアなので、脱ぎやすい靴がオススメです。
 
スタッフさんは常時2名おり、5組10名の母子が参加していました。
今回のイベントの特徴は、同じ月生まれの子ばかりが参加すること。
全体的に待ち時間が長かった印象でしたが、ママさん同士で
「もう寝返り、しますか〜?」
「離乳食始めました?」
「BCGの跡どんなかんじになってます?」
などど話題には尽きず楽しい時間でした。
 
⚫イベント前後にねんねフォト撮影
私は授乳とおむつ替えを済ませ、イベント開始時刻5分前に店舗に到着しました。
しかし、すでにマットの中央にハーフバースデーの飾りを並べた横に赤ちゃんを寝かせて、それぞれのスマホで撮影会を行っていました。 
5組中3組は撮影を終えたようでしたが、スタッフさんから「イベント終了後にも改めて撮影の時間を作りますね!」と言っていただけたので安心しました。
撮影中はスタッフさんがおもちゃを鳴らして、赤ちゃんの気を引くのを手伝ってくれました。
  ⚫自己紹介タイム
時間になったところで、マットの上に円になって座り、スタッフさんの進行で開始しました。
イベントの内容は「離乳食便利グッズの紹介・手型取り・記念撮影」と紹介され、注意事項としてこの2点が伝えられました。
・オムツ替え・授乳などのために自由に出入りしてよい
・ただしイベント内容はそのまま進行してゆく
今回はショッピングモール内の店舗だったので、オムツ替えスペースなどは店舗から少し遠かったです。
実際に途中で着替えのために退出された親子は、半分以上の時間不在だったので残念だったのでは…と思いました。
赤ちゃんの状態次第ですが、直前にオムツ替え・授乳ミルクを済ませておいたほうが良さそうです。
 
そして自己紹介として、「親の名前・離乳食をいつから始めたか」を発表し合いました。
他の子の離乳食の様子が聞けたので、参考になりました。 
 
⚫離乳食便利グッズの紹介
まずはスタッフさんによる、離乳食に役立つグッズの紹介がありました。
おかゆ関連
・炊飯器の中に入れて炊ける容器
・電子レンジで炊ける容器
・お湯を注ぐだけでできるお粥
②野菜フレーク
・にんじん(はじめての野菜に)
・とうもろこし(薄皮を取る手間がなく楽)
③保存容器
・小分けにして冷凍保存できる容器
・ひねって開け閉めするフタの容器(お出かけに便利)

参加されている親子は全員すでに離乳食を始めていましたが、知らなかったアイテムに出会ったり、実物に触らせていただけるものもあったりしたので、勉強になりました。

⚫手型(足型)取り
f:id:malta0303:20190524155210j:plainつづいて、順番に一組ずつ、用意された紙に手型を取ってもらいました。
紙のスペースの関係上、「いずれか一つしか押せないけれど足型・手型のどちらでもよい」とのことなので、希望があれば伝えるとよさそうです。
インクの色は青・赤から選べるとのことでしたが、スタッフさんが「男の子なら青ですね」「女の子なら赤ですかね」と案内していました。
他の親子が手型を取っている間は待ち時間になるので、自由に寝転ばせたり話したりしていました。
ちなみに我が子は手型がきれいに取れなかったのですが、うまくいくまで7回も挑戦させてくれました。
 
台紙はハーフバースデー仕様のA4サイズの分厚い紙でした。
持ち帰る際はビニール袋に入れて、さらに手提げの紙袋に入れてくださりました。
「6ヵ月の頃のようす」
「こんなことができるようになったよ!」
などと、帰宅後に書き込めるスペースがたくさんあるので記念に残せそうです。
 
⚫ママとのハーフバースデー記念撮影タイム
手型が取り終わったら、イベント前に床に並べていた飾りを壁面に貼り付けて、赤ちゃんとママとの写真撮影用のセットにチェンジ!
セットは、飾りの色がグリーン系とピンク系にわけて2ヶ所を設置。
男の子/女の子に分かれて、スマホをスタッフさんに渡して、順に撮影してもらいました。
撮影後、自分のスマホを確認すると25枚もの連写が!
我が子のいろんな表情を捉えてくれていて嬉しかったです。
なお、他の親子の撮影中は待ち時間なので、ここでも他のママさんとおしゃべりして過ごしていました。
 
⚫撮影が終わると自然解散
スタッフさんの声掛けもあり、記念撮影が終わった親子から自由に解散していきました。
そのため、イベントは1時間程度と聞いていましたが、実際は40分〜50分で解散していました。
私たちはイベント開始前にねんねフォトを撮ることができなかったので、すべての親子の記念撮影が終わるまで待ち、その後に撮らせてもらいました。 
 
⚫お土産の内容はこちら
手型の台紙とともに、紙袋に入っていたお土産の中身はこちらです。
f:id:malta0303:20190524144622j:plainf:id:malta0303:20190524144631j:plain
・ガーゼハンカチ 2枚
ハーフバースデー会のほかにも、ベビーシャワーやハイハイレースのイベントでも配布していそうなデザインのガーゼハンカチでした。
 
⚫気になる参加費は?
今回の参加費は…無料です!!
アカチャンホンポのイベントは参加無料のものばかりなので、気持ち的に参加しやすくて嬉しいです。
なにかと買い物もあるので、イベントのついでに買っていけるのもありがたいところです。
 
他にかかるお金は店舗までの交通費くらいなので、
「同じ月齢のママさんと気楽におしゃべりしたい〜」
「ハーフバースデーで写真くらい撮ってあげたいけど用意するのがちょっと〜」
「意外と母子の写真は撮ってないから残しておきたい〜」
「初期の離乳食を楽にできるグッズを知りたいな〜」
などと思われるのでしたら、参加を検討されてはいかがでしょうか。
今回は全体的にゆる〜い雰囲気だったので、気軽に参加できました。

ただし、ネットで検索して出てくる体験談はあくまで参考にすることをおすすめします。

店舗や時期によって、イベントの内容は変わることがありうるからです。

実際に、私は事前に調べてとてもわくわくして、大きな期待をして行ってしまったために、現実とのギャップに衝撃を受けてしまいました

どんなことが想像と違ったのかについては、こちらにまとめています。 

www.lovechild-lovemalta.work

 
みなさんの育児が幸せなものでありますように。