さんさんの家〜共働き夫婦の育児ブログ〜

お金に悩まず楽しく暮らそう!そんな、とある家族の妊娠・育児・お金のやりくりの経験がどなたかのお役に立てば幸いです。

妊娠後期の方必見!これを出産前に自分のために自分で買っておこう

f:id:malta0303:20190124162154j:plain

こんにちは、さんさんです。

 
妊娠後期にもなると、いつ来るかわからない陣痛や、体の重さや節々の痛みもあって、買い物に出かけるのも億劫ですよね。
でも、今のうちにご自身で買い備えておいてほしいものがあります。
私の場合、出産前に用意をしていなかったうえ、早急に必要だったのに夫に買ってきてと頼むことが出来ないものだったので、本当に困りました。
(当時は実母に無理を言って買ってきてもらいました。)
 
産後の自宅での生活で切実に必要だったものを、赤裸々にお伝えします。    

⚫生理用ナプキン(産褥用ナプキン)

しばらく生理がなく買い足しは必要ないと考えていたため、家にストックがほとんどありませんでした。
内診グリグリやおしるしが来た時のために、数枚はすぐ出せる場所にある程度でした。
しかし!
産後は悪露(おろ)が大量に出てくるため、退院時から1ヶ月ほどは多い日の昼用を付けないと暮らせないほどでした。
その後もいつか生理が再開するので、多めに買い備えておくことをおすすめします!
 
⚫基礎化粧品の替え
産後のいそがしいなか、せめて毎日の肌の手入れは欠かさないようにしようと、簡単な手入れですが化粧水・乳液を使っていました。
しかし!
体調の回復や母乳の出過ぎ対策が必要であり、自分が外出できるようになるまでに想像より長くかかりました。
その間に基礎化粧品が切れてしまい、寝不足に拍車をかけて肌の状態も悪化してしまいました。
赤ちゃん肌とまではいいませんが、すこしでもきれいなお肌のお母さんでいるために、ストックを用意しておくことをおすすめします!
 

 

⚫ヘアケア用品
もともと夫と自分との2人での生活では、それぞれ好きなシャンプー・コンディショナーを使っていました。
自分の好きな香りのヘアケアが、ちょっとしたリラックスタイムでした。 
しかし!
基礎化粧品同様に、産後の生活のうちに切れてしまい、家にあるのは夫の好みのもののみ。
人によっては産後に脱毛が起こると聞いていたので、自分に合ったヘアケアができないことに、なおさら焦りました。
お世話に寝たり起きたりで、寝ぐせがつきっぱなしなうえ、ダメージヘアのような髪型で残っている写真を見返すと悲しくなります。
「髪は女の命」ともいうので、ヘアケア用品は抜かりなく用意しておくことをおすすめします!
 
代わりに買い物に行ってくれる良き夫がいても、自分で買っておこう!
ご紹介したものはどれも、ドラッグストアでいえば女性用品コーナーの物ばかりですよね。
そのため、産後の生活で代わりに買い物に行ってくれた私の夫でさえ、買うことが難しいものだったようです。
これを機に、今のうちに一度女性用品コーナーを見渡して、産後の自分が困らないような買い物をしておくことを強くおすすめします!
 
みなさんが無事に、元気な赤ちゃんと会えますように。